russian002.jpg
ロシアの昔話
内田 莉莎子, タチヤーナ・マブリナ
ロシアの昔話で知っていたのは、「マーシャとくま」「おおきなかぶ」「雪むすめ」を絵本で読んだことがあるくらいだったので、他の話も読んでみたいと思い読みました。
あとがきで「話のおもしろさを堪能できるのはなんといっても魔法昔話でしょう。」と書いてあったとおり「イワン王子とはいいろおおかみ」や「どこかしらんが、そこへ行け、なにかしらんが、それをもってこい!」など、とても魅力的な話でした。
kakaは「牛の子イワン」がお気に入りのようです。
それと、「おおかみと子やぎたち」の話の中で、おおかみがお母さんやぎの歌をまねして歌うのですが、
    おい 子どもたち
    やい 子やぎたち
というところがおもしろかったらしく、大笑いしてました。
さし絵はタチヤーナ・マブリナ、とっても大胆で元気があって、愛嬌のある絵でかわいさもあって愛される絵だと思います。
昔話の雰囲気にもとてもぴったりしています。

本がすき!&やんちゃなコーギー♪

子どもに語る アジアの昔話〈2〉
子どもに語る アジアの昔話〈2〉
松岡 享子
kakaに「子どもに語る アジアの昔話〈2〉」の中にある「白いゾウ」を読んであげた。
kakaはしつこく何回も聞いて、「もう少しで天国に行けるところだったのに、がまんできなくて、ダメにしてしまったいちばん下の女の人」に怒っていた。
ほーんと、そのとおりだね、と思わずうなずいてしまう。
とてもおもしろい話で、天国のゾウのしっぽにつかまって、天国に行く話だから、現実的ではないけれど、日常の中ではこういうことはよくあるような・・・。
人間のすること、昔からあまり変わらないのかな。
秘密をほかの人には決して話さないと約束して、あなただけと言ったのに、たちまち全員知っている、になってしまう。
もう少しで見られるからガマンと言っても、ガマンできないでダメにしてしまう。
笑い話みたいで楽しく語られているけど、奥は深いかも。
「ドシュマンとドゥースト」を読んであげたときは、名前のとおりだね、と言って、とっても納得できたらしい。
何だかうれしそうだった。

本がすき!&やんちゃなコーギー♪

やんちゃなコーギー

mama:このジャングルの庭(ぼくちんのお家のお庭は・・・」を見てね)、
    イングリッシュガーデンみたいでステキってほめられちゃった。
shorty:お世辞じゃないの?
    それとも、目が悪くて、メガネ忘れたとか。
mama:あ、そう言えば目が悪いって言ってたし、少し遠くからながめて
    「ここから見ると」って言ってた。
    でも、ほめられたんだから、ハッピ~!
shorty:えっ、冗談のつもりだったのに・・・。
mama:また、暑いからみんなを涼しくさせようとしたのね。さすが!
shorty:それほどでも~。
mama:ショーティー、みつばちがいっぱい遊びに来てるけど、遊ばないの?
    赤ちゃんのときは、みつばち見つけると、ピョコン、ピョコンとびはねて
    耳をパタパタさせて、じゃれたよね。
    見ているママたちは、冷や汗たっぷり、ハラハラドキドキだったけど。
    よくさされなかったよね。
shorty:ぼくちん、じゃれてたんじゃなくて、ダンス教えてたのに、みんなが
    やめなさいって言うから、ごほうびのはちみつもらえなかったよ。
mama:おまえはプーさんか・・・。
    でも、どっちかって言うとラビットって感じ。

shorty:みつばちと遊んじゃダメなの?

本がすき!&やんちゃなコーギー♪

やんちゃなコーギー

 
ハスカップ               ラズベリー
mama:ハスカップとラズベリー、もうすぐ食べられるかな?
    おいしい、いいのができるといいなー。
shorty:ぼくちん、そういうすっぱいのは、どうでもいいです。
mama:いいもんねー。おいし~いジャムにするんだから。
shorty:えっ、ぼくちんにも、おいしいジャムをパンにつけてちょうだ~い。
    ね、ね、ママ、何かお手伝いすることない?
    ぼくちん、ハスカップちゃんとラズベリーちゃんのこと大好きだよ。
    おいしいジャムになるため、がんばってね。
    ぼくちんが食べてあげるから。
mama:でも、虫歯になるし、太るしねー。どうしようかなー。
shorty:ちょっとでいいから、ねぇー。ちょうだいよー。

azaz:まだ実が取れてもいないのに、このふたりは・・・。

本がすき!&やんちゃなコーギー♪

やんちゃなコーギー

mama:このごろ草がすごくって、背丈くらい伸びてるし、土は固いし、
    まるで開拓者みたいだわ。
shorty:だから、ぼくちんが手伝ってあげるっていつも言ってるじゃない。
    足で穴ホリホリ、お口で草パクパクってやるですよ。
mama:その短いかわいい足じゃあ、このジャングルの開拓はできないわよ。
shorty:じゃ、どうするの?
mama:ショーティーに鍬をつけて、昔の牛や馬みたいにやるのよ。
shorty:ママ~。時代を間違えすぎだよ。
mama:いいえ、省エネよ!
shorty:ぼくちん、体力を省エネするため、昼寝してきま~す。

本がすき!&やんちゃなコーギー♪